太極拳と米朝首脳会談・健康寿命

2018年3月11日

 201839日、大阪府高槻市へ太極拳に行った。

午後630分、練功18法・八段錦・太極拳を行った後、太極拳仲間8人でお茶を飲みながら、世間話をした。太極拳仲間(6080歳)との雑談は、世の中の人が何に興味を持っているかわかり、聞いていると面白い。

最初に話題になったのは、森友学園問題だった。「今日、佐川国税庁長官が辞任した。近畿財務局の森友問題担当者が、首吊り自殺した」と言う。大きな組織にいると、上司の罪をかぶって、自殺することも多い。佐川宣寿長官は、福島県いわき市の出身だ。

女子レスリングで、オリンピック4連覇した伊調馨選手のパワハラ問題も話題になった。「女の嫉妬は目に見えるが、男の嫉妬は陰湿だ」と言う。伊調選手も、東北の青森県八戸市出身だ。

「男性の健康寿命が72歳になった。私の健康寿命も、あと4年だ」と言う。男性の健康寿命は71歳だったと思っていたら、翌日の新聞に「男性の健康寿命は72.14歳、女性74.79歳」と載っていた。医学雑誌や新聞より、ネットの情報の方が早い。

「タバコを吸える飲食店が、30以下から100以下になった。日本の喫煙対策は、世界に比べ大幅に遅れている。これでは、高槻の商店街のほとんどの飲食店で、タバコが吸える。健康のことは考えず、オリンピック開催のためとしか思えない」と言う。

 

「今日の最大のニュースは、トランプ大統領と金正恩委員長との米朝会談が決まったことだ。世界各国で、トップニュースとなっている。安倍総理も蚊帳の外にならず、北朝鮮に拉致された横田めぐみさんを取り戻すくらいのことをしてくれるといい」と言う。

1970年代、拉致をする国といえば韓国で、"北朝鮮は地上の楽園"とメディアは報道していた。金大中氏が東京のホテルで拉致されたのは197388日のことだった。金大中の主治医だった故五島雄一郎東海大病院長と、大阪市北区西天満にある加賀料理「佐助」で、シロウオの踊り食い・ゴリの唐揚げ・アンコウを食べながら、話をしたことがある。

五島雄一郎氏は「金大中が拉致され、すぐに警察が来た。日本海で素巻きにされ、海に投げられる寸前で、米軍の飛行機が間に合い、殺さないよう指示して韓国までついて行った。キャセイ航空で、香港からソウルにパスポートなしで入れた。タクシーで住所の所に行ったが、途中警察がいた。金大中の顔は傷だらけで、盗聴されないようラジオのボリュームをいっぱいにあげて、話をした。ソウルから香港を経由して帰国した。D航空だと危ない所だった」と話された。

当時、拉致を指示した朴正熙韓国大統領は、1979年に暗殺され、民主化政権となった。金大中氏は1997年韓国大統領となり、2000年ノーベル賞を受賞されている。45年もたつと、朝鮮半島情勢はすっかり変わっている。

太極拳を始めて13年になる。太極拳は、転倒・骨折を防ぎ健康寿命を延伸させる。201839日金曜日は、米朝首脳会談・国税庁長官辞任など国内外で大きな出来事があった。7年前の東日本大震災が起きた2011311日も金曜日で、太極拳の日だった。

徳永勝人 医師
(とくなが かつと)
医学博士


1968年
広島県立庄原格致高校卒業
1974年
大阪大学医学部卒業

内臓脂肪型肥満、
標準体重=身長X身長X22
を提唱する肥満の
第一人者として活動中。

1983年-1985年
南カリファルニア大学
研究員
大阪大学第2内科講師
市立伊丹病院内科部長
大阪大学臨床助教授
兵庫医大実習教授
を経て
高槻社会保険健康管理センター
センター長として勤務

日本肥満学会肥満症診断
基準検討委員会委員
日本糖尿病学会評議員
日本動脈硬化学会評議員

NHK「きょうの健康」での
講師を務める。
著書に
  「肥満Q&A
  「食事で防ぐ肥満症」
 
目でみる臨床栄養学 UPDATE
メタボリックシンドローム

著作権について